球児10年間のお弁当&おうちご飯

2009年~2020年 球児のお弁当3兄弟10年間の記録です。 2021年~は主人のお弁当・おうちご飯・お取り寄せ、家庭菜園のこと等 食に関する事を更新しています。

球児10年間のお弁当&おうちご飯 イメージ画像

おうちご飯

最初は小指ほどの球根を植えて今年で3年目冬は土の中で越し春になり芽がでたと思ったらドンドンドンドン(笑)オカワカメはハート型の葉っぱで可愛いとりあえず今回はこのくらいでお湯でサッと湯がくだけ水にさらして水気をきったら刻んで混ぜると粘りがでてきます。鰹節と醤
『ドンドン増えるオカワカメ(雲南百薬)レシピ』の画像

植えてたシソが大きくなってきたので納豆のはさみ焼きを作りました〜。今年はじめての収穫ちょっと硬そうなシソ💦刻んでしまうので問題なし納豆と刻んだシソとネギを合わせて混ぜ油揚げの中に入れるだけ焼き方は3通りあって①オーブントースターで焼く②フライパンで焼く③フ
『シソ(大葉)レシピ【納豆のはさみ焼き】』の画像

アスパラ牛肉巻きアスパラはベーコンや豚肉で巻くことが多いかと思いますが、今回は牛肉でやってみました〜。簡単!肉をアスパラに巻いて焼くだけ普通に美味い(笑)1本そのまま大根おろしポン酢と一緒にガブッと。それを主人に出したらアスパラ切ってくれって💦ガブッと噛め
『簡単!酒のつまみ【アスパラ牛肉巻き】2通りの食べ方』の画像

もつ煮込み 噂の太郎お持ち帰り1つ600円で2~3人分あります。温めるだけで大丈夫葱と七味はお好みで大きくてふわふわ食感のモツ口の中で溶けてしまいそうなほど柔らかです。モツの味が濃厚で高級モツを食べている感じいい意味でこんなモツ脂っぽい味がするモツははじめてか
『もつ煮込みおすすめ【噂の太郎】美味っ!ふわふわ食感モツ濃厚』の画像

美味すぎるドレッシング!イタリア式食堂iL-CHIANTIちょっと前から冷蔵庫にあって私は買ってないから主人が買ってきたドレッシングなんだけどめちゃくちゃ美味い!!!!!人生で一番美味い気がする😋サラダでなく胡瓜だけ大根だけ玉葱だけ1食材にかけるだけで美味ーーーーー
『美味すぎるドレッシング!イタリア式食堂iL-CHIANTI』の画像

今日の主人のお弁当は定番メニュー(鮭・ニラ卵・海老シューマイ)のほか生姜焼きとアジフライをいれました。この生姜焼きあまり美味しそうに見えないけど柔らかくて美味いそれに簡単です。柔らかくするのは小麦粉または片栗粉を付ける方法もあるけど今回はそうでなくて肉の
『簡単!柔らか薄切り生姜焼き弁当』の画像

57歳男子さすがに厚揚げとかのお弁当に飽きた様で(笑)最近は肉も入れてと。今日はハンバーグを入れました。昨夜の残りというかお弁当用に2個とっておいたもの。このハンバーグは【柔らかハンバーグ】みじん切りの玉葱やパン粉は入れないで●玉葱はすって入れて●パン粉でな
『簡単!柔らかハンバーグ弁当』の画像

とろろ海老卵〜九条ねぎ麺つゆソース〜こんな名前の料理はなくて😅見たまんま、勝手に命名作り方は冷凍海老は解凍しておき長芋または大和いもはすってトロトロに。長芋だとサラッと軽め大和芋だとねっとり弾力に。すった芋に粉末(ほんだしとか)か液体(白だしとか)のだし
『とろろ海老卵〜九条ねぎ麺つゆソース〜』の画像

もつ煮込み みつ子自動販売機のもつ煮込み1箱1000円3~4人分冷凍もつ煮込み みつ子国産の豚の上モツ(大腸と小腸の2種類)使用ごぼう・玉ねぎ・にんじん・だいこん・ねぎ等野菜の出汁とともに濃厚な味噌味のもつ煮込みもつ煮込みのほか一味と長ネギもついてるのでこの一箱あ
『もつ煮込み[みつ子]美味っ!モツ柔らか野菜の甘さ引き立つ味噌味』の画像

夏前くらいからだから既に4ヶ月主人の朝食はずーとヨーグルトと果物とハチミツヨーグルト1パックを3回に分けるから3日目はヨーグルト容器のままヨーグルトはブルガリアと言ってるけど他のメーカーでも大丈夫こだわりあるのに結構適当(笑)果物はバナナやキュウイが定番だけ
『朝食はずーとヨーグルトフルーツはちみつ』の画像

まービックリ『結婚してから1番美味い』と。明日のお弁当にも入れてほしいから今宵のおかわりなしだって。今宵の肉ジャガをそこまで美味しいって言われるとは思ってなかったのでビックリでしたが、美味しいって言われるのって嬉しいですね。結婚してもうすぐ29年目ずっと子供
『結婚して29年、1番美味い肉じゃがだって。』の画像

長崎県のマツオファームさんが作ってる生姜シロップとしそジュースがとても美味しいので紹介したいと思います。生姜シロップマツオファームのしそジュースは、飲むだけでなく料理にも使える万能シロップ原材料は【生姜】と【柚子】と【黒糖】エコファームで作られた生姜と柚
『美味しいマツオファームの生姜シロップと赤しそ&青しそジュース』の画像

↑このページのトップヘ